新しく追加された「ファイル」

iOSバージョン11から、「ファイル」というのが追加されています。
WindowsとかMacみたいにファイルシステムが採用されたんです。

っていってもiPhone内の全ファイルが可視化されたわけじゃなく、
iCloudとか他のクラウドサービスのファイルが一覧できる、
くらいの機能に、今のところはとどまってるようです。

私はiCloudにはバックアップデータしか残してないですから
そこのファイルは見る必要ないです。

他のクラウドサービスっていったら
GoogleドライブとDropbosを使ってますけど、
Googleドライブのファイル見るならドライブのアプリ使いますし、
Dropboxはめったに使わないですし。

これ、ファイルの使い道は特にないなって、私は思っちゃいました。
実際何に使えばいいんでしょ?
今までのインターフェースでも普通に使えてたもので、
用途がよく分かってないです。

クラウドサービスのランチャーと考えればいいんでしょうか?